前へ
次へ

みずみずしい大根おろしは小分け冷凍で食べる

真冬の大根は驚くほど甘みが増しみずみずしく、大根おろしにして食べると醤油も不要なほど美味しいです。丸々1本を大根おろしで食べるのは至難の業ですが、大根おろしを冷凍しておくことができます。おろしたてが1番おいしいですし、冷凍をしたら美味しさが消えてしまう印象もありますが心配無用です。いつも通り大根おろしを作りみずみずしい水気は切ってから小分けにしますが、アルミカップや製氷皿なども重宝をします。なぜ小分けがいいかですが、使いたいときに小分けの方が楽ですし、自然解凍をすることで美味しさはそのまま簡単に利用をすることが可能です。製氷皿に入れることで自動的に小分け状態となり、完全に凍ったら今度は冷凍保存袋へ移しておきます。冷凍大根おろしを作ったら、だいたいひと月を目安にして食べきることです。小分けにしてあるので、毎回使い切りで食べきるので、大根おろしを用意しても無駄にすることにはなりません。焼き魚や揚げ出し豆腐など、毎回大根を下すのは面倒でも、小分けで凍らせておけばすごく便利です。

Page Top