前へ
次へ

飲食店経営で注意しなければいけない食中毒

飲食店を経営する時には、食中毒に注意しなければいけないです。もし、お客さんがお店で食事をしてそれが原因で中毒症状を発症してしまった場合は最悪営業停止になる事があります。営業停止の期間はその時の状況などによって変わってきますが、もし営業停止になるとその分売上が減ってしまいお店にとって大きなダメージとなります。さらに、中毒によって営業停止になってしまったと周りに伝わってしまうとお店を敬遠する人も増えてしまいお客さんの数も減ってしまう可能性が高いです。つまり、中毒が起こらないように衛生面を強化して営業していく必要があります。そのためには、食中毒の原因をしっかりと把握してそのための予防策を実行していく必要があります。もちろん自分だけ注意しても駄目なので勤務しているスタッフ全員に衛生面の指導を徹底して少しでも安全にお客さんが楽しめる空間を提供していく必要があります。そうすることによってお店とお客両方にとってプラスになります。

Page Top